【まとめ】ウィキリークスの日本関連文書

真実
この記事は約5分で読めます。

Wikileaks logo

内部告発ウィキのウィキリークスで公開されている日本関連の文書をまとめました。

ウィキリークスの公式サイトが分かりにくかった方の役に立つかと思います。

ウィキリークスの日本関連の文書

ターゲット・トーキョー(Target Tokyo)

ターゲット・トーキョーとは、NSA(アメリカ国家安全保障局)が日本の政府高官や大手企業を盗聴して得た文書です。

電話盗聴のターゲットリストには、内閣府の電話交換台、菅官房長官、「政府VIP回線」と記載された回線、黒田日銀総裁を含む日本銀行内部の多数の職員、少なくとも一人の日銀職員の自宅の電話番号、財務省内の多数の番号、宮沢洋一経済産業大臣、三菱の天然ガス部門、三井の石油部門が含まれます。

これらの文書は、以下の問題に関する日本の内部審議の詳細知識を示します。農業輸入と貿易をめぐる論争、世界貿易機関のドーハラウ ンドにおける交渉上の立場、日本の技術開発計画、気候変動政策、核とエネルギー政策、二酸化炭素排出に関する制度、国際エネルギー機関(IEA)などの国際機関との通信、米国やEUとの外交関係の扱いに関する戦略計画や草稿の論点メモ、安倍晋三の首相公邸でなされた秘密の首相説明会の内容。

米国のスパイ活動はブラジル、フランス、ドイツでも行われていましたが、今回の件で日本も加えられてしまいました。

詳しく知りたければウィキリークスの公式ページはこれです。日本語翻訳はここにあります。(これも違うサイトですが全く同じ翻訳です。おそらく前者がオリジナルです。)

一応言っておくと、日本語訳されたページは実際の文書(NSAが盗聴して得た文書)のページではなくプレスリリース(報道機関への発表?)というページです。実際の文書を見たければ、上記の公式ページに行って”Top Japanese NSA Targets”や”Top Japanese NSA Intercepts”のボタンから見ましょう。日本語はないので頑張ってください (`・ω・´) 

Japanese style Faces(顔文字)

“Japanese style Faces”は427もの日本の顔文字がひたすらに羅列されている文書で、この文書はリークされた大量のCIAの機密文書のうちの1つです。

顔文字には例えば以下のものがあります。

̿ ̿̿’̿’\̵͇̿̿\=(•̪●)=/̵͇̿̿/’̿̿ ̿ ̿ ̿

щ(゚Д゚щ) < “Dear god why‽ )

१|˚–˚|५

ಠ益ಠ

ಥ_ಥ <So… Beautiful!

ᕕ( ᐛ )ᕗ

ᶘ ᵒᴥᵒᶅ    ← baby seal

━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━

╯‵Д′)╯彡┻━┻   angry guy flipping a table

ニガー? ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ ニガー?

(・∀・)                        “well” or “good”

(・A・)                        “bad” or “not good”

(⌐■_■)

(*´д`*)

全ての顔文字をウィキリークスの公式サイトから見たい方はこちら。(ちなみにこの記事で使われている顔文字は、CIAが収集した顔文字から取ってきたものです。)

CIAが顔文字を収集しているだけだったら問題なかった(?)のですが、ウィキリークスによるとiPhone、Android携帯、Windows、Mac OS X、Linuxなどのハッキング技術が開発されてしまっていたようです。詳しく知りたい方はVault 7: CIA Hacking Tools Revealedを見ましょう。日本語訳は探しても見つかりませんでした(・A・) が、「CIAがMac・Linux用バックドア・ルートキットを設置する3つのハッキングツール開発が暴露されて発覚」という記事は見つかりました(・∀・)

アメリカ外交公電

アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」で公開された文書です。

東京公電を日本語で見たいのであればこのページが良いでしょう。かなり多くの翻訳をしてくれています。

いくつか例を挙げておきます。

東京公電:ロシアと中国間にくさびを打ち込むという日本政府の試み

東京公電:電力会社や経済産業省による原子力についての隠蔽

東京公電2010年:日本企業によるイランとのウラン取引疑惑

東京公電2006年:アメリカによる日本政府への著作権についての圧力

北朝鮮政権は国際援助によって成り立っている

公式サイトの原文はここから検索できます。量が多いので日付の指定をおすすめします。

その他

ウィキリークスの公式サイトで”Japan”と検索してみると大量に結果が出てきますが、日本にとって重要なものはざっと見たところ無さそう(?)です。”Japan”検索で出るほとんどの文書はイタリアのハッキングチーム(ハッカーの企業化したもの)からリリースした大量の内部メールの一部や、「2012–13年ストラトフォー社メール開示事件」で公開された大量の内部メールの一部、ヒラリークリントンのメールの一部などメール関連の文書です。

まとめ

ウィキリークスの日本関連の文書でした。

人によってはかなり衝撃の内容も含まれていたかと思います。が、受け入れていくしかないでしょう (´・ω・`)

東日本大震災が人工地震であったことと同じです。

最後にウィキリークスの公式サイトのリンクを張っておきます。

https://wikileaks.org

それでは、また会う日まで´ ▽ ` )ノ

タイトルとURLをコピーしました