【2020年】次の人工地震が起きる日を大胆予想!4月11日が怪しい?

真実
この記事は約3分で読めます。

4月12日追記:地震ありませんでしたね。本当に良かったです。複合災害はコロナ騒ぎとそれに伴う経済悪化のことなのかもしれません。和光の時計台が崩れているのは、和光の完全親会社であるセイコーが東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーになれなかったことや、東京自身も同じ運命(五輪延期)をたどるということを示しているのでしょう。ただし、地震は起きないのだと楽観視するのは危険です。ここ数ヶ月大きい地震が増加しているのは次の人工地震への予行演習の可能性があります。コロナもシミュレーションがあったと言われていますからね。ですので、これから数ヶ月は警戒を緩めないでおきましょう。もちろん、その後も警戒は必要です。五輪延期で地震も1年後に延びた可能性は捨てきれません。

イルミナティカードの”Combined Disasters”(複合災害)が明らかに2020年の東京を示しているので、日付まで予想してみることにしました。

http://12160.info/profiles/blogs/illuminati-card-game-part-i-complete-list

実際にカードを見てみると、5人がオリンピックの五輪と同じ色の服を着ています。また、崩れている時計台は銀座の和光の時計台のようです。

https://www.wako.co.jp/

このことから、複合災害が起きるのは2020年の東京だと言えます。

そして複合災害のうちの一つが、現在流行中の新型コロナウイルスなのです。人工地震が合わさって複合災害となります。

では、人工地震はいつ起きるのでしょうか。

手がかりは過去の人工的に起こされた災害にあります。すなわち、9.11自作自演テロと3.11人工地震です。

ここで、2つの災害が起きた日付に着目してみましょう。

9.11…2001年9月11日 2+0+0+1+9+1+1=14

↓114か月後

3.11…2011年3月11日 2+0+1+1+3+1+1=9

↓109か月後

2020年4月11日

こじつけのようにも見えますが、この理論で行くと4月11日に人工地震が起きそうです。

また、他の根拠をイルミナティカードから探してみると、時計の針が4月11日を指している可能性があるとわかります。なぜなら時計の針は「2」から2分進んだ場所と「11」を指しているからです。

他の根拠もあります。イルミナティの洗脳装置と言われるハリウッドですが、ハリウッド映画の「NO TIME TO DIE」の日本公開日が4月10日になっています。「NO TIME TO DIE」の意味は「死んでる暇はない」です。4月10日が死んでる暇がないのであれば、4月11日はどうなるでしょうか。「死んでる暇がある」=「災害で死ぬ」という図式になりそうです。

まとめ:たぶん外れるのであまり心配しないで下さいね。それでも備えあれば憂いなしですので、この機会に地震対策をしておくといいでしょう。それではお元気で!

備考:イルミナティは実在するんですよ。ちゃんと公式サイトもあります。”illuminati official website”で検索してみましょう。

追記:もし本当に地震が起きたら東京オリンピックは中止でしょうね。奴らの狙いはそこなのかもしれません。ずいぶんと昔(少なくともイルミナティカードが作成された1990年より前)から計画されていたようなので他の狙いもあるとは思いますが。

タイトルとURLをコピーしました